室蘭本線御崎駅 
輪西駅から室蘭方面に向かうとすぐ横を走る国道36号線と同様に大きくカーブして御崎駅に到着します。駅の前はすぐ国道ですが、駅前の広場は、ちゃんとあり、狭いながらも駐車場などもありました。 
 駅前には古い車庫付きの建物と少し進んだところに新しめの商店の建物があります。
 駅舎は新しいデザインの建物で無人駅の割には大きいなと思いました。駅の入口には花が植えてあり、とても綺麗です。待合室内はベンチなどがあり茶色で塗られた壁は、同じ室蘭本線の長和駅、稀府駅と同じ感じがします。狭い待合室ですが、なんと以前はキヨスクもあったようです。キヨスクも文字は消されたのか薄くなっていますが、読み取ることは出来ます。また、ホームに出て右側には男女別のトイレがあります。
ホームは対向式ホーム2本で地図上で大きくカーブを描いているこの区間ですが、真っ直ぐなホーム2本です。跨線橋があります。跨線橋は緑色に塗装されており綺麗に保たれている感じがします。また上りホームは、かつては3番乗り場があり、島式ホームなのではと思いますが、現在は雑草が生い茂っている状態です。 
また、ホーム上にある自転車置き場風待合室もあります。よく見ますと、待合室2号と書かれており、JR北海道各所で見られる待合室の規格?なんだなんとわかります。跨線橋からは、室蘭市らしい工場群と小高い山の室蘭市らしい風景を見る事が出来ます。 
JR北海道各所で見られるホーム上の待合室。財産標には、待合所2号と書かれており、新しい時期に建てられたようであります。 
 跨線橋から見る工場群。 かつてはあったであろう3番のりば。 
 跨線橋より室蘭方面。 跨線橋より東室蘭方面。 
 室蘭方面。 東室蘭方面。