室蘭本線本輪西駅 
国道37号線がすぐ目の前を走っており、駅は室蘭市市街地にあります。本輪西駅から長万部方面へ進むとJX日鉱日石エネルギーの製油所があり、専用線が敷かれておりタンク車で石油を運ぶため、本輪西駅は貨物駅となっています。 
 駅周辺は山側に住宅地があり、商店なども数件見られました。海側は、工場が建っており、製鉄所などがある室蘭市のイメージにふさわしい景色が広がります。駅前は広場になっており車がかなり止まっていました。自転車もかなりおいてあるので、通勤通学に利用されているのでしょう。駅入り口には飲料水の自動販売機も設置されています。
 駅前にあった安全の石碑。 海側を見ると工場が建ち並び、室蘭らしい風景が広がります。 
 駅舎は平屋の建物ですが、左側は2階建てのプレハブの建物が一緒にくっついているようです。待合室内は広く、何も無いようでがらんとしています。窓口があった部分は無塗装のベニヤ板のような板で閉じられており、窓口側はすべて無塗装の板でした。また、トイレもあったようですが、これもベニヤ板で塞がれています。
島式ホーム1本があり、跨線橋を使って向かいます。また改札策のある入口は現在は使用されてないようで閉鎖されています。そこには昔からあると思われる駅名標の看板がありました。 また駅舎側も昔はホームだったのかなと思われる感じがしますが、岩見沢側に貨物ホームが残っており、ちょっと違うかなと思いました。
 現在は使用されていない改札柵のある入口。  
側線が何本もあり、タンク車などが待機するのでしょうか。 
跨線橋は鉄骨のモルタル?貼りでしょうか。床はコンクリート製でしっかりした感じです。 
 岩見沢方面駅舎側に残っている貨物ホーム。  
 跨線橋から岩見沢方面。 跨線橋から長万部方面。 
 岩見沢方面。 長万部方面。