室蘭本線白老駅 
 白老駅は国道36号線から駅前通りを真っ直ぐ来たところにあり、文字通り白老町市街地の中心に位置している駅です。すぐ近くは太平洋に面しており、駅の北東側にはポロト湖などもあり自然に恵まれています。食べ物では白老牛が有名で秋には祭りも開催されています。駅舎は、ヨーロッパの館風な外観でおしゃれなイメージです。駅前は綺麗にされており、手入れが行き届いてるように思いました。
 白老駅前。特急も停車する駅なのかタクシーも常時待機しているようです。商店などもたくさんあり幹線の駅らしい雰囲気です。
 駅前にある歌人の石碑。  駅から反対側の公園にあるSL。柵は見る方向によって絵になります。
みどりの窓口があり業務が行われています。特急も停車するので特急券も含めた乗車券が購入できる券売機です。待合室は乗客でかなり混んでおり、あまり写真を撮る事は出来ませんでした。改札案内は札を掲げるタイプです。 
 ホームは対向式ホームと島式ホーム1本ずつありホーム長も特急列車が停車するのでとても長いです。1番乗り場と、2番乗り場の間に待避線があります。貨物列車などが停車するのに利用されているようです。また3番乗り場長万部方面側に途中までの待避線もあります。
 跨線橋は、通路の幅も広く大きい物ですが、外観の錆が少々目立つ感じです。跨線橋と平衡に駅舎側から反対側に向かう連絡の歩道橋があります。付近に高い建物が無いので跨線橋からは遠くまで見渡すことが出来ます。線路もまっすぐなので室蘭本線のこの付近らしい風景です。海からは少々距離があるので太平洋は見えませんでした。
 跨線橋横の連絡歩道橋より岩見沢方面。 跨線橋より長万部方面。 
 岩見沢方面。 長万部方面。