室蘭本線竹浦駅 
 国道36号線からすぐの所にあります。国道から駅までの通りは、看板で竹浦駅前通りと書かれていますが、商店が1軒あるだけでちょっと寂しい感じです。駅から国道側を見ると海がある感じがし、跨線橋からも海を見ることが出来ます。
 駅前は寂しい感じといいますが、それでも付近は住宅、学校などがあり駅を中心に市街地が形成されているようです。また地図で確認すると竹浦温泉とあり登別温泉から近いこともありまだ温泉地なのでしょう。
 駅舎は古くからある感じの駅舎で駅の前には別棟で古い感じの公衆トイレがあり駅舎入り口の所には公衆電話と郵便ポストがあります。待合室内はベンチが置かれています。壁は古さをさすがに隠せないという感じがしますが、小綺麗です。昔窓口があった部分は閉鎖されています。なぜか事務用のデスクが置かれていました。
 ホームは島式ホーム1本と対向式ホーム1本で跨線橋があり千鳥配列です。跨線橋は、ホームへ向かうほか駅舎と反対側に行く連絡通路にもなっています。駅舎からホームに出る際は屋根の落雪が危険なのか、迂回するように進まないと行けないようで、ロープが張られていました。
 また、訪問時は駅周辺の除雪が行われており跨線橋の階段の雪の除雪を行っていました。跨線橋から外を眺めると架線があるので若干長めが悪いですが、まだまだのんびりした感じがしており海岸沿いの静かな町が眺められます。
 岩見沢方面。 長万部方面。