室蘭本線苫小牧駅 
 大都市苫小牧市にある駅です。苫小牧市には製紙工場があり、港には石油コンビナート、各種工場があります。フェリーも八戸、仙台、大洗に発着しております。また樽前山、支笏湖と観光名所も近く大都市にふさわしい様相です。駅近くを通る国道36号線が通っており市内を通る道道259号線は国道234号線に通じ、広さが片側4車線の道路があり北海道では一番広い道路だと思います。
 苫小牧駅南口
 苫小牧駅北口。
駅周辺は、ビル、ホテル、商業施設が建ち並び賑わっています。南口の駅ビルであるエスタは店舗が無くなっており寂れた感じがします。北口のすぐの所にはかつて屋内遊園地だった所がドンキホーテや各種店舗があるビルになっており北口の方が新しい建物が多いように思えます。南口は昔からある感じで高い建物があまり無い感じです。
 駅舎は駅ビルと一体で駅自体は橋上駅です。駅の出入り口は南口と北口があり南北の連絡通路があり、その通路に改札などがあります。待合室は無く、ベンチが改札前の連絡通路に設置されています。改札の横に売店と旅行センターが設置されています。電光掲示板タイプの案内板があり、改札も自動改札機が設置されています。
 ホームは島式ホーム2本で室蘭線、日高線、千歳線の直通列車などが発着、特急列車も全て停車します。改札から階段を降りてのりばに向かいます。上屋は階段付近に大きい物があり、ホーム端長万部側に小さな上屋がありそこに喫煙所が設置されています。
 西側長万部側を見ると王子製紙の工場の巨大な煙突がそびえ立ち苫小牧市らしい光景が眺められます。東側は住宅地などが多く、低い建物がずらっと並んでいる感じです。
 岩見沢方面。 長万部方面。