根室本線芦別駅 
 根室本線を滝川から進んで行くと赤平から次に大きい街の芦別に到着します。市街地も大きく周辺は商店、住宅が建ち並んでいます。古くは三井芦別炭鉱があり芦別駅からは三井芦別鉄道もありました。釧路行きの特急もこちらの滝川周りだったこともありますが、現在は周知の通り石勝線周りになりこちらは普通列車と富良野関連の特急以外は通らないローカル線の佇まいです。芦別は、北の京芦別などレジャー施設もたくさんあり、炭鉱に変わる目玉的な物として観光関連の施設が豊富です。
 芦別駅前にはその北の京芦別で有名になった五重の塔が置かれております。タクシーが待機しているロータリーの他駐車スペースなど設備も充実しています。
 駅前にある五重塔。 滝川よりにある連絡通路。古くはこの下は待避線があり、石炭列車が行き来したのでしょう。 
駅舎は古い建物で、歴史ある感じがします。平屋の建物です。窓口がありますが、訪問当日は業務していませんでした。休日列車に乗って芦別を通過した際に女性駅員さんがいましたが、営業日が決まっているのでしょうか。待合室は幹線の駅らしい広い待合室でした。窓口業務が行われている駅らしく、旅行パンフレットが並んでおります。 
ホームは対向式ホームと島式ホーム1本ずつでごく一般的なレイアウトです。駅舎から一番は慣れている方の乗り場の線路は撤去されており、雑草が生い茂っています。その先には待避線が延びています。また、跨線橋があり外から見ると近代的な感じしますが、床は木の板で古さを感じさせます。 また、滝川方面側には2階建ての詰め所がありかつての駅の規模がうかがえます。駅周辺は市街地で建物がたくさんありますが、ホームは雑草が生い茂っておりかつて賑わった炭鉱が嘘のように静かな駅になっています。
駅舎から一番離れている乗り場の線路は撤去されています。 
外観とは裏腹に床が木の板で古い物なのでしょうか。 
跨線橋より釧路方面。 跨線橋より滝川方面。 
 釧路方面。  滝川方面。