根室本線東鹿越駅 
 駅は国道からずっと離れた閑静な所にあります。幾寅市街地から西側でかなやま湖の東側に駅があります。駅の前に道路があります。駅周辺には民家などはありません。西の方へ少し向かうと民家と石灰工場、帯広方面側にも石灰工場があります。これは釧網本線中斜里駅の近くにある製糖工場へ石灰石を運搬する・・・とwikiにあり、その名残か駅構内には引き込み線が数本残っています。
 駅の前の道路を挟んですぐに、かなやま湖があり景色も素晴らしいです。
 駅舎は古くからある建物のようですが外観はとても綺麗です。入り口にはポストが設置されています。待合室内にはベンチがあります。入り口にはかなやま湖で釣れたのか魚拓が飾られており、改札の入り口には虫の標本が寄贈されておりました。
 ホーム上に石灰石が置かれており、ペンキで石灰石と描かれています。 駅構内は広く引き込み線が数本あります。ホームは砂利が敷いてある島式ホーム1本あります。山と湖に囲まれた素晴らしいロケーションですが、時折聞こえる工場からの音がちょっとムードを損ねます(笑)
   石灰工場と引き込み線。
 帯広方面。 滝川方面。