根室本線下金山駅 
 国道237号線をすぐ目の前を走っており、駅へは道路から少し坂を上る道路を利用し向かいます。駅周辺は農耕地が広がっており、小さな市街地が形成されています。駅の前の道路には丸い大きな花壇がありました。また農業倉庫も赤れんが造りで大きい物があります。駅舎は大きく、独特のデザインで印象的な造りです
 駅の前の民家に下げられていたカラスの置物・・・。  駅前にある農業倉庫。
かつては業務も行われていたのでしょうが現在は行われていないようで、窓口は残っていますがカーテンが閉じられています。待合室は駅舎の大きさにくらべて狭くベンチが3つだけで、ゴミ箱が設置されており、4人も待合室に入ると一杯と言った感じでしょうか。トイレは通路を挟んで待合室側とは別になっており、室蘭本線や根室本線で見かける同じ形のホームのレイアウトと若干似ているようにも思えました。 
 待合室は狭かったのですが駅構内は広く、ホームは元々は島式ホームで行き違いが出来たようですが駅舎側の線路は撤去されておりバラストとホームに書かれている左右確認の文字が往年を忍ばせます。また富良野方面側に木造の倉庫が置かれています。また駅舎側にもホームの名残がありますが当然線路が撤去されています。狩勝の山々を眺められる閑静な駅です。
 木造の古い倉庫。  線路は撤去されている待避線とホーム。
 帯広方面。 滝川方面。