新得駅 
国道38号線からは少し離れていますが駅を中心に市街地が形成され大きな町です。サホロリゾートへ向かう拠点の駅として観光客で賑わっており観光バスが絶えず行き来している感じです。また新得は、そばの町としても有名で、駅待合室には立ち食い蕎麦屋があり駅前にも数件蕎麦屋がありました。石勝線と根室本線が合流する駅なのと特急列車が停車するので乗客でにぎわっており活気にあふれていました。 
 駅前広場は、それほど広くはないのですが駐車スペースがありタクシーなども停車しております。住宅街の中にあるからなのか、北海道の大きい都市にある駅の広場としては手狭な感じがしました。
 待合室にはベンチがあり 、キヨスクと立ち食い蕎麦屋があります。蕎麦はホームからも買うことが出来るように窓口がありました。券売機と窓口があり改札案内は電光掲示板タイプでした。
   ホームからも蕎麦を食べられます。
 ホームは対向式ホームと島式ホーム1本でのりばは3つあります。改札を抜けてガラスの風除室を抜けてホームへ向かいます。島式ホームへは跨線橋を渡ります。ホーム長はながく特急列車の停車も十分な感じです。
 新得始発着の列車があるためか気動車数台が停車しています。十勝平野と言うより新得は狩勝越えのイメージがあるのは昔からで付近は山々に囲まれています。
 帯広方面。 滝川方面。