根室本線十勝清水駅 
 国道38号線からは離れていますが、十勝清水駅と国道を挟んだ箇所に大きい市街地が形成されており活気のある町といった感じです。道東自動車道のインターチェンジも近くにあるほか、ご当地メニューの牛玉ステーキ丼というが一押しのようで駅にもパンフレットがありました。
 駅舎は平屋で横に長い建物ですが建物の半分が駅舎で右側はシャッターが閉じられており店なのか、はたまた車庫のなのか用途不明です。駅のすぐ横には、ハーモニープラザと称する建物がありその横にも大きな商店があります。 駅の前は駐車スペースがあり、特急列車の発車時刻(停車)になるとどこからとなくタクシーが数台やってきました。
待合室はベンチが沢山設置されており、列車の時刻にあわせて乗客の流れができます。近郊の切符の販売機(無人駅にも設置されているタイプ)と窓口があります。改札案内はボードによって行われています 
改札からホームへは、通路を通り、跨線橋を渡っていきますが、少し遠く感じますが北海道ではよくあります。 
ホームは島式ホーム1本で特急列車の停車にあわせてかホーム長も長いものです。跨線橋付近には雨よけがあります。駅舎側は少し広くなっており以前は線路があったのかと思われますがその辺は不明です。駅舎と反対側は林が広がっており遠くには十勝の山々が見渡せる広大な景色です。 
 跨線橋より帯広方面。  跨線橋より滝川方面。
 帯広方面。 滝川方面。