留萌本線阿分駅 
 国道231号線沿いですが、駅の目の前は阿分小学校で、細い道の所に駅があります。近くには漁港などもあります。駅舎はこじんまりとした一軒物置のような駅舎です。屋根は黄色の塗装です。この形は留萌本線の留萌増毛間で、阿分、朱文別、箸別で同じ形であり、旧国鉄時代の仮乗降場だったのが駅に昇格しました。
 ホームは木製で短いものです。ホーム目の前は小高い土地で遠くを見渡せませんが、近くに海岸を感じさせる潮の臭いなどもあり、海岸沿いの駅だなと実感できます。
 内部は木製の簡素なベンチがあります。地面は砂利なのですが、なんと人工芝が敷かれており驚きました。小さな駅舎ですが、清掃用具などもきちんと整頓されておりました。
 増毛方面。 深川方面。