留萌本線藤山駅 
 国道233号線からすぐの所にあり、国道なので絶えず通行音が聞こえてきます。近辺は畑があり、住宅もあります。商店は近くには無いようです。駅舎は全体が四角く屋根はちょっと変わった形をしております。外壁は再塗装されたようで、綺麗になっていますが、駅ホーム側はそのままとホームへの入口上の方の板は補修されているようです。木の板で藤山駅と書かれた看板があります
 駅前広場は、未舗装で場所は広く取られているようです。周囲は農耕地とその民家だけのようです。駅の前にバス停がありました。
 駅の横には開拓記念碑がまつられています。もともと駅舎のあった土台の半分の所に現在の駅舎があるのでもしかしたら、半分にしたのかもしれません。そのため窓口などは残っている駅舎にはありません。
 待合室内はベンチ以外何も無く、白い壁だけに囲まれるがらんとした感じです。トイレがあるようですが、そのドアは鍵がかかって中には入れないようになっているので現在は使用不可なのでしょう。
 ホームは砂利で目の前は畑が広がっています。山間部を縫うように進むこの区間の特徴でもあり、まわりは山々が眺められます。

古い駅舎が残っているので列車との写真が非常によい感じです。
 増毛方面。 深川方面。