留萌本線北秩父別駅 
 秩父別駅からは北の方にあり付近は田畑とその農家があるくらいで近くに商店などもありません。駅のすぐそばに深川留萌自動車道が通っており、高速で通過する車の走行音が絶えず聞こえておりのどかとは言いがたいです。旧国鉄時代の仮乗降場だったのが昇格して駅になったパターンです。待合室がホーム上にあり、待合室、ホーム共に木製のそのままの姿で残っております。
 駅前は、田畑が広がりとてものどかなのですが、すぐそばに自動車道があります。
待合室内も年季を感じさせ列車本数の少なさもあり、どのくらい利用客がいるのかなと不思議な感じもします。待合室のベンチは板を組み合わせた単純な物で壁も色の違う板が組み合わさっており、その都度補修したのかと思えます。
 仮乗降場時代からある駅名標がとてもいい感じです。 
 すぐそばの自動車道が無ければとてものどかに感じる場所ですが、時代はそれを許してくれないようです。夜は待合室内に電灯が無いようなので真っ暗ですが自動車は、絶えず通り過ぎていきます。
 留萌方面。 深川方面。