留萌本線北一已駅 
 深川市の北の外れにあり、付近は農耕地が広がるのどかな所です。留萌本線と同じく留萌方面へ向かう国道233号線は大きく駅から離れた所を通っており付近は田畑その農家以外見られません。駅周辺に民家がありますが、周辺には商店などはありません。
 駅前は田んぼしかありません。遠くに民家が点在しています。
駅舎はとても古い建物でぱっと見廃墟のようですが、このような古い建物が残っているのは嬉しいことで、できればこのまま残って欲しいと願います。駅は無人駅で窓がある所は板が張られています。待合室の部分のガラスなどはそのまま残っています。 
 駅待合室入り口はサッシに変えられていますがホームへの入口の扉は木製のままです。待合室内にはベンチがありますが壁なども荒れ果てており、夏の間に入り込む虫の死骸が大量に窓付近にたまっており待合室内に入るのには勇気がいるようです。
ホームは対向式1本でホームへは駅舎からの階段を登り向かいます。付近ののどかな景色と古くからの駅舎が時代から取り残された感じがしますが、それがまたいい感じになっています。 
晴れた別の日に撮影。青い空と古い駅舎がいい味を出していると思いました。 
 留萌方面。 深川方面。