留萌本線信砂駅 
 国道231号線からは少し奥に入った所に駅はあります。駅前の道路は、国道233号線を通らないで国道275号線の北竜町へ向かう道路があり、車が結構行き来しています。
 駅前は商店が一軒あり、周辺は農耕地が広がっています。また近くを流れる信砂川は秋になると鮭が帰ってきて、川を上るシーンが見られます。信砂を、最初に見て、のぶしゃとはおそらくは読めない難読駅の一つです。
待合室はプレハブ小屋そのままでホームと踏切が無ければ、どこかの事務所のようです。木製のベンチがありゴミ箱、清掃道具などもあり綺麗にされています。置き傘が段ボール箱の中にありました。 
ホームは短く木製ですが誘導ブロックも敷かれてあります。ホームの柵はパイプの太い物が使用されており安心感があります。 駅周辺は小さな市街地ですが遠くに山々を眺められのんびりしております。
 増毛方面。 深川方面。