留萌本線瀬越駅 
 国道231号線沿いすぐの所に瀬越駅はあり留萌市街地の西外れにあります。、国道は一段高い山?側の方にあり駅はその中腹くらいの所にあります。駅前は細い路地のような道がありホームからはゴールデンビーチるもいなどの海水浴場を含む日本海を一望できます。瀬越駅は仮乗降場がJR北海道に移行する際に駅に昇格したパターンです。
 駅周辺には海岸沿いの民家などが見られますが、地図上では留萌市街地の中にあるので、駅から坂を上っていく住宅などが建ち並ぶ国道231号線へ行くことが出来ます。
駅舎は無く、ホーム上に小さい待合室がありますが外壁はかなりぼろぼろになっております。駅名も塗装が剥がれて海岸沿いの潮風の強さなのか経年変化なのか、劣化は激しいようです。 待合室内には清掃用具などが置かれています。ベンチは無く家庭用の使われなくなった小さな椅子が真ん中に置かれていました。 宗谷本線糠南駅を彷彿させる一人がけの椅子だなと思いました(笑)。
待合室がぼろぼろですがホーム上の砂利は細かい物が綺麗に敷き詰めてありました。 
 付近は海が見えるノンビリした感じですが、海と反対側はマンションなどが建っており、こじんまりした駅との違和感がなんともいえません。
 増毛方面。 深川方面。