留萌本線舎熊駅 
 国道231号線沿いにあり、国道から駅へ向かうまっすぐな道を行くと見つかります。海と山に囲まれた狭い部分に生活空間が密集してるような感じです。駅前広場はコンクリートの舗装で広く、訪問した際には子供の遊び場になっており、ほほえましい光景です。
 駅舎はリサイクル駅舎ですが、白で塗装されており、白いパネルを貼り付けたような感じもしますがとても綺麗です。入り口の内部はかなり錆びており海岸地方の厳しい潮風にさらされてるのだなと実感できます。補修などしないともっとさび付いてしまうのでしょう。そのリサイクル駅舎は元々あった駅舎の土台に据え付けられています。
 待合室内はベンチなどがありごくごく一般的ですが、下は鉄板敷きで内部の鉄板もさび付いています。冬は寒さが直に伝わりそうな待合室です(笑)。
 ホームは短いのですがこの辺の駅のホームにしては広く元は駅舎があったからなのでしょうか、かなり余裕がありました。ホームの目の前は草が生い茂っており、また農耕地がみられます。駅からは海はすぐなので潮風を感じることが出来ます。
 増毛方面。 深川方面。