留萌本線朱文別駅 
 海岸沿いの厳しい環境にあるためかさび付きが激しいです。国道231号線からの道を行くとすぐ見つかります。駅周辺は住宅や農耕地が見られますが、商店などはありません。待合室は、阿分、箸別駅と同じ形で仮乗降上がりの駅です。駅の広場は未舗装で空き地のおいてある倉庫のようです(笑)。
 留萌~増毛間の駅同様、駅から海へはすぐの所にあります。
阿分駅と同様のタイプの駅舎でこじんまりとしています。クリーム色の外観ですが、潮風が強いためなのか、錆がすごいです。待合室の様子は阿分など同じ形のものと同様です。むき出しの板の壁と下はそのまま土間というか砂利が敷いてあります。ゴミ箱は空き缶を利用しておりJR深川運転所と書かれていました。 
待合室とホームは若干離れています。ホームは木製で短く1両の前の方の扉だけしか利用できません。。緑色に塗装されており、ホームの柵は細いパイプで作られておりました。またホームの支柱もグレーに塗装されており、この手のホームのむき出しのレールがさび付いてる・・・のとは違いました。
 増毛方面。 深川方面。