札沼線石狩金沢駅 
駅の前を国道275号線がすぐ走っており、車の走行音が絶えず聞こえてきます。駅周辺は農耕地が広がるのどかな場所にあります。駅前には農業倉庫があり近くに牛舎があるようです。商店などはなく、駅前の通りをまっすぐ行くとふくろうの湯という温泉があります。 
 元々駅舎が会った部分の基礎が残る場所にリサイクル駅舎がのっています。駅舎のカラーリングは札沼線独特の物で、なかなか凝ったカラーになっていますが、リサイクル駅舎の宿命の経年変化は防げないようで錆なども結構あります。待合室内は、ベンチ、ゴミ箱などが設置されておりリサイクル駅舎標準装備になっています。壁は白く塗られていますが、塗装の仕方が荒いのか結構ムラになっています。
ホームは対向式ホームになっており半分はプレコンの細長いもので囲まれていてしっかりしていますが、新十津川方面半分は線路から反対側はただ土を持っている感じの簡素な作りになっています。 
   駅右手に牛舎?がありました。
 新十津川方面。 桑園方面。