札沼線北海道医療大学駅 
当別市街地から東外れにあり駅の前は国道275号線がすぐ走っており、そして駅の前は駅名の通り大学があります。古くは大学前駅として仮乗降場だった駅が昇格、その後大学名も変わって今の駅名に至ります。 
 以前は駅舎があったようですが、現在はそれは撤去されています。利用客はほとんどが学生さんだから必要ないのでしょうか・・・。駅前は広場になっており、その前に山小屋風の店があるだけで付近は大学以外高い建物は無く、農耕地が広がっています。駅舎が無く改札から大学への入口に直結したようになっています。近郊の券売機が設置されホーム入り口はキタカのタッチパネルがあります。
   札沼線のりば。以前駅舎があった付近より。
ホームは、対向式ホームが2本あり1番のりばは新十津川方面の乗り場になっておりホームも短いです。2番のりばは北海道医療大学駅どまりの列車が発着し、昨年電化した札沼線はここ北海道大学駅まで電化区間になっています。2番のりばはその電車が発着するのでホーム長も長く、それにあわせて上家も長くなっており都市駅らしい感じになっています。 
   札沼線ホームより眺める。
 新十津川方面。 桑園方面。