札沼線於札内駅 
 国道からも離れており、また駅までの道は未舗装で列車で晩生内を訪問した方がわかりやすいですが、列車の本数が1日3往復というのが厳しい所です。冬は雪が降り積もり、車で訪問するのはとても厳しそうです。駅周辺は農耕地がが広がっており、民家もありますが、実に秘境駅な感じがしました。
 ホームと待合室が直結しており外観は綺麗ですが訪問時は鍵がかかっており中には入れませんでした。また入り口の所には旧国鉄時代の駅名標が貼ってあり、猛烈にさび付いていました。
 今の駅名標は学園都市線と名付けられていますが、この辺りで学園都市線とは名ばかりで・・・(笑)非常にのどかな風景の駅で、時折農作業の音が聞こえてくるだけでのんびりさがたまりません。夕方4時頃には電灯が自動で点灯しました。
 新十津川方面。 札幌方面。