札沼線晩生内駅 
 国道275号線沿いにあり、交通量の多い国道なので絶えず車が行き来している音がします。おそきないと読むのが難しい難読駅の一つです。となりの札比内駅と同じ形(レイアウトが少し違いますが)です。駅待合室内はこちらの方が少し広く感じました。駅の改札もこちらの方が広いです。こちらも窓口業務が委託と思って訪問しましたが、残念ながら無人でした。
 駅舎から離れた所にはトイレもありましたが、とても古い感じのトイレでした。国道を挟んで向かいには商店などがあります。駅のすぐ前の民家は使われていないようで廃墟のようになっていました。周辺は農耕地が広がっています。
窓口がガラスなので以前は業務を行っていたのでしょうか。待合室の中に打ち水がしてあったので、定期的に清掃される方がいるのでしょう。駅内は綺麗でした。改札を出てすぐの所に年季の入った机とベンチが置かれていました。 
ホームへは階段を上っていきます。改札付近に置かれている机や椅子が年季を感じさせます。 
 新十津川方面。 札幌方面。