札沼線下徳富駅 
 札沼線は浦臼からは国道275号線からは離れていき終点の新十津川でまた国道275線に近づきます。農道をまっすぐ新十津川に向かうと下徳富駅が見つかります。駅舎は白いモルタルの大きな駅舎です。駅のすぐ前には大木があり、駅のシンボル的な感じです。駅舎の形はどこの駅とも違うオリジナリティある駅です。
 駅前は広場になっており、周りは農業倉庫がたくさんならんでおります。下徳富駅には側線跡もあるので昔はここから農作物を積み出して貨物列車が発着していたのかもしれません。
 駅待合室内は広くベンチが置いてありますが、窓口は木の板で塞がれており、ゴミ箱があるだけで、がらんと広い無人駅です。 駅舎の外観も相当ガタが来ているようにも思えます。
ホームへは札沼線この付近の駅と同じように少し離れており、土を持って周りをコンクリートで固めたようなホームに階段で上っていきます。ホーム上はもちろん砂利です。 
 新十津川方面。 札幌方面。