札沼線石狩月形駅 
 月形町の中心に位置しており、国道275号線からは少し離れています。駅前には住宅があり、商店も1軒ありますが、静かな街です。月形は遙か昔月形刑務所があったのは衆知の事で、駅からすぐの所に月形樺戸博物館があります。現在の刑務所は、石狩月形~豊ヶ岡の中間くらいにあります。札沼線もその刑務所の端を走って行きます。
 駅舎は古くからある駅舎で、今ではとても貴重な感じがします。駅待合室はベンチと小上がりなベンチ?があり列車を待っているときは、足を延ばしてゆっくり出来る事でしょう。駅では切符も売っており、札幌から石狩当別を過ぎて唯一駅員のいる駅です。
 その先終点の新十津川までは、すべて無人駅です。改札案内はプラスチックのボードでした。それがあるだけでも無人駅とは大違いです。 駅舎からホームは少し離れており、線路を渡っていきます。
ホームは島式ホーム一つで島式の割には、幅が狭いです。ホームは、札幌方面側が砂利になっていました。ここで列車の行き違いも行われます。周りは住宅がたくさんあるので殺風景かもしれませんが、遠くに見える山々と、昔からの駅舎がなんとなく田舎の駅でよいなと思いました。 
 新十津川方面。 札幌方面。