石北本線愛別駅 
   
 国道39号線からは少し離れた所に駅はあります。駅周辺には住宅街などがありますが、国道を挟んで反対側の方に役場などの施設がありそちらの方が賑やかな感じもします。愛別はきのこの里と言う事で有名です。丸瀬布まで向かう高速自動車道のインターも近くにあります。
   
 駅前は広場が大きく、駐車スペースもあります。駅前の通りにも商店なども数件ありました。駐輪場には沢山の自転車が止めてあるので、通学で利用する人も多いと思われます。
   
 駅舎は平屋の大きい建物で、白地にJR北海道の緑のラインが塗装さています。かつては業務が行われていたであろう幹線の駅と言った感じでしょうか、改札の柵も残っています。駅の入り口のスモーク調のガラスが無人駅っぽくありません(笑)。
   
訪問時には地元ボランティアの方々なのか駅の清掃を行っておりました。こういった方々のおかげで様々な無人駅が綺麗にされていると思うと敬服いたします。 
   
ホームは2面あり、石北本線でみられる一般的?なレイアウトで駅舎側には側線が残っています。反対側ホームには小さな待合室もあります。 付近は農業倉庫なども多く、農耕地帯でのんびりしております。駅の規模から昔栄えていたであろう様子が思い浮かびます。 
   
   
 反対側ホームにある小さな待合室。
   
 網走方面。 旭川方面。