石北本線桜岡駅 
 旭川市に駅はありますが、旭川の東外れにあります。国道39号線からもかなり離れています。付近は農耕地帯で住宅も多くはありません。駅舎は白いパネルで屋根は小豆色に塗装されており、桜岡の駅名のためか桜の模様がちりばめられています。
 駅前には住宅が数軒ありますが、商店などはありません。昼時に訪問したので休憩している営業の自動車、トラックなどがよく止まっているのは無人駅で見かける光景です。駅のすぐ横に珍しい?岩がモニュメントのように置かれていますが、説明などが無いので、よくわかりません。
 待合室はベンチがあり、かつては窓口業務が行われていたのか窓口の跡がありますが今は閉じられています。
   
 ホームは対向式ホーム2面あり駅舎側は砂利が敷いてあるタイプで向かいのホームはプレコンの長いホームで跨線橋を使って反対側のホームに行きます。駅周辺は、農耕地が広がるノンビリした風景です。
 網走方面。 旭川方面。