石北本線下白滝駅 
 下白滝駅は、国道333号沿いにあり、また旭川紋別自動車道も走っており、ちょうどそれらに挟まれた所にあります。この辺は、車の通りも国道ながら少なく、静かな所です。駅舎はもともとは木造だったようですが、老朽化したのでしょうか。。所々補修した後があり、ちょっと痛々しいです。昔を思わせる木造の部分が若干残っています。
 駅前は砂利道で舗装されておらず、酪農家があり小さな箱が沢山並べてあり、訪問したときは何かなと思いましたが、どうやら子牛の状態で飼育する箱のようです。また廃墟もあり過疎化を感じさせます。
待合室内は、ベンチがあり昔窓口があった場所は閉鎖されています。その棚に駅ノートが置かれていました。入り口はサッシに変えられていますが、古い建物です。
 周辺は民家数軒あるくらいで、付近は何もありません。もう少し静かな所なのかなと思いましたが、酪農家さんがありますので、日中は、それなりに音があります(笑)
 網走方面。 旭川方面。