石勝線占冠駅 
 国道237号線沿いにあり、ここから富良野方面や樹海ロードの日高町へ向かえます。また、道東道のインターチェンジもありますが駅は市街地からかなり離れた所にあり驚きますが、市街地周辺に駅を設置する場所が、地図を見る限りそこしか無かったようにも思えました。駅前には物産館があるだけです。 
 駅は、市街地から離れた所にあり駅の右側に物産館があるだけで駅前の広場のとても広いのが、かえって閑散とした感じにしてしまってる感じです。
駅舎は平屋で横に長く大きな建物です。窓口業務は委託の方で行われているようです。待合室にはストーブがそのまま設置されおりました。 
 普通列車は無く、発着するのはすべて特急列車。  臨時改札口。
特急列車だけしか停車しない駅でホーム長はとても長いです。対向式ホーム1本と島式ホーム1本が設置されています。島式ホームへは跨線橋で渡ります。跨線橋は天井部分がアーチ上というか円形になっており、豪雪地帯であるこの地域ならではと思います。円に沿ってそのまま雪が落ちるようになっていると思われます。 
雨よけなどが跨線橋近くにありますが、整備が行き届いてないのか、錆が目立ちます。駅はシェルターに挟まれた感じでありまして石勝線ならではという感じです。保線車両の車庫があり広々としています。周囲は山々に囲まれており眺めがいいのですが、広い構内が閑散としている感じがします。 
 新得方面。 南千歳方面。