石勝線夕張駅 
 石勝線夕張支線の終点駅です。かつては夕張線となっていましたが、石勝線の開業で石勝線の支線として扱われるようになりました。駅は夕張市街地に沿って走っている道道38号線がすぐ目の前にあります。夕張は映画祭などの他、財政赤字で有名になってしまって市長が外部から来たりと色々ニュースなどに出ていますが、夕張と言えばメロンでシーズン中には道路沿いにメロンがあちらこちらで販売されています。
駅前は道路で駅のすぐ後ろがリゾートホテルになっています。また駅を出て左手には屋台村があり外でも食事を取ったり飲んだり出来るようになっています。駅舎は風見鶏が掲げられた洋風な駅舎になっており近代的な感じがしますが、内部は観光案内所も兼ねておりここが駅と知らずに入ってくる方も結構いて驚きました。 
待合室にはベンチ、時刻表、運賃表が掲げられておりここが駅の一部だなとわかります。平日に訪問した際には、誰もいなかったりします。 
ホームは一本あり、線路はここ夕張で行き止まりになっています。待合室からホームまでは、結構な距離がありますが連絡通路を通って向かいます。ホームからはリゾートホテルや付近の集合住宅が見られ、終端駅でも、最果て感はありません。  
 
南千歳方面。