宗谷本線東六線駅 
 国道40号線から農道を少し進むとあります。周辺は農耕地が広がっており、その農家があるだけで駅前周辺は宗谷本線沿いに防雪林が伸びているだけで他には何も見当たりません。近くの北剣淵駅も同じようなシチュエーションです。
 駅舎は外壁はトタンですが木造造りです。 入り口には東六線乗降場待合室と書かれているとおり旧国鉄時代は仮乗降場だったものが昇格して駅になったタイプです。
入り口はサッシでぱっと見綺麗そうですが、中に入ってみると地面は踏み固められた土で 砂利が申し訳ないくらいの量敷かれています(笑)ベンチは同じく木製でとても年季がはいっています。ベンチにはぺらぺらですが座布団が敷いてあります。 
ホームはこれまたよくある木製の短い物で待合室のすごさとは違い、駅舎からホームまではブロックが敷いてありました。駅待合室入り口もコンクリートがしいていあります。

周辺は 南北に延びる線路と低い木々が見えるだけで他は何も見えず、遠くまで線路を見渡せる風景が素晴らしいです。 
 稚内方面。 旭川方面。