宗谷本線幌延駅 
 道40号線からは少し離れていますが、幌延と豊富を結ぶ無料高速道路の入口がすぐそばにあります。古くは国鉄羽幌線も発着しており賑わっていたのでしょう。駅舎は1階建て平屋の細長い駅舎でよく見られる感じです。ここから西にサロベツ原野が広がり観光客が拠点として利用するのでしょう。
 駅前広場は広く駅前には民宿などが数件並び、夏は観光客で賑わうのでしょうか。駅みぎにコンテナが山積みされており、それを積んだトラックが到着するのでしょうか駅前広場はとても広いです。駅から北、北東側に市街地が形成されており駅から向かうことが出来ます。
駅員が配置されているので窓口もあり、待合室内は旅行案内のパンフレットが沢山置かれています。ベンチと細長い小上がりが設置されていて長時間列車を待ったりするには重宝することでしょう。駅入り口には沿岸バスの券売所もありここから各方面へ向かうバスの乗車券を購入できるようです。 
 ホームは対向式ホーム、島式ホーム1本があり、ホーム長も特急列車が停車するのでとても長いです。駅舎から離れている方は線路が錆びておりあまり使われていないようですが、バラストは綺麗な物が敷かれていました。もしかしたら、羽幌線の乗り場だったのかもしれませんが、覚えていません。付近にトナカイ牧場があるのか、ホームにはトナカイの看板が多く目につきました。
北緯45度が通っている道路には北緯45度を示す線がついていてわかるようになっています。   のりば3の線路。バラストが綺麗です。
 1番のりばから全景を見る  旭川行きと稚内行きの列車。
 稚内方面。 旭川方面。