宗谷本線名寄駅 
 名寄駅は名寄市の中心に当たる所にあり、宗谷本線も南北走りその横も国道40号線が併走しています。道北では大きい都市部で、ピリシャリスキー場やレジャー施設がある。駅周辺も商店街などがあるが、やはり国道付近にある商業施設の方が賑わっている感じがしました。
 駅前は駐車場とタクシー乗り場があるバスもここから発着するので大きい。駅舎は、屋根の雪の滑り止めがある昔ながらの駅舎で古き良き北海道を思い出させます。。以前はここから名寄本線と深名線が発着していました。
 券売所が一つと自動券売機が一つあります。改札案内は電光掲示板タイプ改札までは中には入れないようにプラスチックチェーンが貼ってありました。売店もあり改札部分と待合室が独立しており北海道ではよくあるタイプです 。
 駅構内は広く、跨線橋を渡って反対ホームへ渡ります。跨線橋の入り口は吹雪よけなのか屋根があって退避できるようになってるのも雪国ならでは。木造の大きい機関庫のようなものもあり、道北の中核駅らしい風景です。ヤードの照明もある。改札まではホームに入れないのでベンチは必要ないのかありませんでしたが、自動販売機はありました。
   跨線橋から旭川方面
 稚内方面。 旭川方面。