宗谷本線比布駅 
 国道40号線からは少し離れています比布駅と国道40号線を挟む所に市街地が形成されております。比布駅はその昔ピッピエレキバンのCMで有名になった事もありましたが、今は無人駅で寂しい感じです。スキーとイチゴの町と横断幕がありますがその比布スキー場の最寄り駅はとなりの蘭留駅なのが・・・(笑)
駅前の通りには住宅が建ち並びますが駅前には商店などはなく、どうも町外れに駅があると言った感じです。駅から町を見ると駅前通という感じがしません(笑)。駅舎は以前は駅業務があったのか無人駅にしては大きく、イチゴの町という事でピンク色になっています。昔から北海道によくある駅舎と言った感じです。駅の前には花壇があり色とりどりの花が植えられていて綺麗でした。また駅前からはバスも発着してるようです。駅を出て左の方には大きな駐輪場もあり、設備としてはしっかりしてると思いました。 
待合室内は広くベンチには座布団も敷いてありますが、無人駅の独特のうらさびしさがありました。以前の紹介記事などを見ますと、喫茶店が併設されていたようですが、今は無くなっています。
 ホームは対向式ホームが2面あり跨線橋で渡る事が出来ます。ホーム長も長いので幹線の駅といった感じです。跨線橋は木造で古いですが、しっかりしています。 旭川比布間の列車が設定されており、その区間の利用客は多いのでしょう。
 立派な跨線橋。 比布止まりの普通列車。折り返しで旭川行きになります。 
 稚内方面。 旭川方面。