宗谷本線蘭留駅 
 国道40号線がすぐそばを走っておりまた高速道路のジャンクションも駅の南西にあります。駅前は住宅が数軒建ち並んでおり、もともとはもっと人口があったのではと推測する限りです。駅周辺は農耕地のようですが宗谷本線が走ってるこの地域は山に囲まれているので土地が狭く広大に農地が広がっているという感じではありません。
 駅舎は四角のパネルを貼り合わせたような白い外壁の駅舎は少し丸みを帯びていますが、同型とは言えませんが函館本線妹背牛駅もこのような感じでレイアウトはほぼ同じように思えます。ドアは自動扉ではありませんが、バネの力で元に戻るタイプです。これだと開けっ放しにならずに夏でも虫が少ないかなと思いますが・・・。
 
 待合室内は狭くベンチがあるだけです。両端はトイレ(ホーム側に入り口)と事務室になっているようですが、事務室は保線関係の方が立ち寄るのでしょうか。

ホームは千鳥配列で構内は広く旭川側には側線もありますが、線路はさび付いています。側線横には、バラストが積まれていたので、やはり保線区関連の列車が停車するのかもしれません。ホームは砂利が敷いてあり、盛った部分に木と鉄の枠で止めてる(表現が未熟ですが・・)感じです。
 稚内方面。 旭川方面。