宗谷本線士別駅 
 士別駅は、国道40号線から、駅前に延びる道を向かうと見えます。商店などはあまりみられません。やはり国道付近に大型店舗などがあり、その中心は、国道側に移っているようです。士別市は、旭川からすすんで最初に大きい都市です。士別駅は、宗谷本線の列車が全て停車するので、その発着時刻にあわせて乗降客が出入りしてます。駅員も配置されております。
 駅舎は昔からある北海道の平たく長い駅舎で駅前はロータリーでタクシーの停留所があります。改札案内は電光掲示板ではなくボードを貼るタイプの昔ながらの物。駅待合室内は売店があり、立ち食いそば屋もある。また売店もありこの地域がサフォーク(羊の種類)の産地であることがわかります。
 ホームは跨線橋があり対向式ホームだが 、駅舎から離れていた方は使用されていないようです。跨線橋は木造のようで年季が入っています。廊下部分も木製で懐かしい感じがします。
 特急列車も停車する駅なので、それなりの長さのホームと広い駅構内が都市部の駅だなと思わせています。
 稚内方面。 旭川方面。