宗谷本線下沼駅 
 国道40号線のすぐ横に駅がありますが、直接国道からは行けず、少し稚内側に進んだ道から回って向かいます。駅周辺には商店などは無く、農家が数件見られます。この付近は乳牛などの飼育がさかんで付近は牧場が広がっています。駅から西の方にパンケ沼という大きな沼があるようですが、徒歩でそこへ向かうのは厳しそうです。
 かつて幌延下沼間には南下沼という駅がありましたが、現在は廃止されています。訪問時に南下沼がわかる跡でもあるかと行ってみましたが、昔の写真などから位置がわかるものの駅があったというのはなんとなくしかわかりませんでした。
 駅舎はリサイクル駅舎で外壁はぼろぼろです。待合室に入る入口は緩やかなスロープになっています。かつて駅舎があったであろう場所は荒れ果てて空き地にリサイクル駅舎がのってるかのようです。訪問時には保線関連の仕事の方が仕事をしておりトラックが止まっていました。
待合室内は、ほかのリサイクル駅舎同様、ゴミ箱、除雪用具などが置かれているほか、ベンチは片側だけで真ん中に机が置かれていました。またいろいろな飾りが置かれてたりして綺麗にされているようです。 なんの変哲も無い所にあり、広い空と低い木がずっとつらなっている景色は道北らしい景色で、時間も忘れてしまいそうですが、時折国道を走る車の走行音で現実に戻されてしまいます。
 稚内方面。 旭川方面。