宗谷本線南比布駅 
 駅のすぐ上を国道40号線が渡る橋がありその真下に駅があります。駅近くには男山自然公園があり男山と言えば日本酒・・そんな感じでしょうか。 その国道からも駅へ来られるよう陸橋の途中に駅へ向かう階段があります。 駅周辺は農耕地で辺り一面に畑などが広がっており農家がつらなっている感じです。
 駅舎は・・・、遠くから見ると駅の施設のようでここが待合室とは思えないような木造の古い建物で近くに行くとそれはさらに疑惑に変わるようなぼろぼろの待合室です。待合室内に入ってみるとさらに壮絶で、平らな土地に屋根をかぶせた感じの待合室は床は長年の使用で踏み固められた地面がむき出しに。中の壁もぼろぼろでベンチも座ったら、割れそうです。また、座布団代わりに段ボールが敷いてありました。ゴミ箱、灰皿は空き缶で代用。なぜかゴム長靴がありました。
 入り口側にはゼブラの線があり頭上注意という看板がありますが、中に入る際には背の大きい方は少ししゃがまないと入れません。175センチの私でも低いと思ったくらいです。

自転車がおいてあるので通学で利用されている方がいるのでしょう。周辺は農耕地と低い雑木林があるのんびりした所ですが、すぐ上を国道40号線が通っているので陸橋を渡る車の走行音が結構すごいです。
 稚内方面。 旭川方面。