宗谷本線南稚内駅 
 日本の最北端稚内駅の一つ手前の駅です。国道40号線からは少し離れた山側の方に駅があります。周辺は稚内市街地がありますので住宅や商店などもたくさんあります。国道沿いは活気がある感じがします。少し奥まった所にある南稚内駅ですが駅周辺にはホテルなども建ち並び観光の拠点としても機能しているようです。
 駅舎は平屋の長い駅舎で駅員も配置されています。駅前広場は駅舎の長さに合わせたような感じで駐車場スペースがあります。タクシーなども列車発着にあわせて待機しているようです。待合室内にはこじんまりとした感じですがベンチがあります。乗車券類を販売している窓口があり改札は改札の柵は無いですが、ドアがありそこから出入りするようになっています。
 ホームは対向式ホームと島式ホーム1つずつですが駅舎から離れた方は使用されておらず、かつての天北線が発着していた乗り場だったと思われます。そののりばは、ホームが一部削ったようになっており砂利などがむき出しになっています。また跨線橋ののりば案内にも天北線の項目があったであろう部分は消されておりましたが、名残を感じさせます。
駅員のいる駅なので綺麗にされており、駅舎側ホームには花壇に花がありました。ホームからは稚内市を南北に走っている小高い丘陵が続いている様子が伺え、最北端の街を感じさせます。
 稚内方面。 旭川方面。