2011年帰省 急行はまなすと新幹線はやぶさの旅
夏休みを利用して帰省していましたが、昨日帰ってきました。いつもの関東地方は暑くて私には辛いはずでしたが、今年の気候は、むしろ寒いくらいで、日中暑い時間帯もありましたが、おおむね快適に過ごせました。

帰省には、行きはJRを使って行きました。本当は北斗星でゆっくり行けたら良かったのですが、切符が取れ無かったので、はまなすと新幹線です。一応断っておきますが、鉄道が好きな私ですが、最近の事情には、てんで疎く、細かい系列とか、そういうのは正直わかりません。。
青森行きの急行はまなすは、今ではとても貴重な夜行急行列車です。私は、新幹線を使うパターンでは、たいてい上り下りとも、はまなすを利用しています。北海道ではDD51が牽引。北斗星では重連ですが、はまなすは、一両で引くようです。 
22:00発ですが、反対のホームに滝川19:56発札幌21:47着の934Dが到着しました。私は、岩見沢からスーパーカムイで来たのですが、その前にこの934D来ていて、この日高本線仕様のキハ40が連結してるのに驚きました。934Dは、何度か利用してますが、こういうのははじめて見ました。この日高キハ40は乗車できないようになっていました。
はまなすに使われている14系車両は相当年季が入っています。外側も経年変化で、かなり、ぼこぼこです。一枚扉の寝台車は、かつての道内の夜行急行にも使われていましたが、廃止になったのは、かなり昔の事です。 
 車内も2段寝台で、それなりにというより、かなりへたっているように思われます。しかし、夜行で急行で寝台! その魅力は十分すぎるわけでして、今の時代、いくらでも早く目的地に着けますが、時間をかけて行く。。それが、とても贅沢に思われる。。そんな感じです。この日は連休に重なっていたので、寝台車は満席で、長万部あたりから乗った、家族連れが深夜にもかかわらず、大声でしゃべっており、非常に不快でした。マナーのマの字もなく、せっかくのはまなすも、がっかりでした。まあ、そんな連休が出発日なのは都合上しょうがなかったのですが、いつもは、それなりに快適なのですが。。
 新青森からは東北新幹線ですが、青森から一駅は、特急つがるで行きます。なんか、すごい格好いい列車ですね。何系とか、まったくわからないのが辛い所です。。新幹線に接続する列車なので、朝6時頃なのに、ものすごい混んでいました。一駅しか乗らないので、立っていても問題ありません。新青森から東北新幹線と言う事で、期待が高まりますが、よくよく見ると。。新青森は奥羽本線の駅という事が。。ここでも私の無知っぷりが。。
 そして、いよいよ、はやぶさです。9月23日からはダイヤ通りのスピードで運転されるそうで、楽しみです。入線してきた、はやぶさの勇姿を写真に納めようとしましたが。。ホームの安全対策の。。ため、うまく撮影できませんでしたが。。それでもノーズが異様に長く見るからに高速運転。。な感じです。

そして、念願のグランクラスです。この辺りの情報は、一応仕入れておきましたが、とにかく豪華です。以前、釧路行きの、おおぞらのグリーン車にも乗った事がありますが、こちらの方が、断然すごいです。1万円高は伊達ではないです。シートは、いくら倒しても後ろの人には迷惑がかからず、足も十分伸ばせますし、横向いて寝ても、窮屈さを感じませんでした。
 とにかく、凝った内装(笑)。大人気のためか、この日も満席でした。しかし、隣の人が座っていても、問題ないくらい、ゆったりしています。東京まで3時間ちょいで、本当にあっという間に着いてしまいますが、リッチな旅が味わえます。昨晩乗った、はまなすとはまた違った趣向が楽しかったです。

そして、軽食がサービス。もう少し量がほしかったですが、この和食の他に、アップルパイも。。飲み物も、何回でもおかわりができるそうですが、3,4杯アイスコーヒーいただきました。トイレもウォシュレットでとても綺麗でした。私は眠かったので、ほとんど寝てましたが、ゆっくりくつろげました。
 東京駅でも写真を撮ろうとしましたが。。人気列車なのですね、ものすごい数の鉄道ファンが、待ち構えており、悠長に写真を撮る事を許してくれませんでした。まあ、滅多に乗る事の無い新幹線でしたが、たまにはこういう豪華な旅も悪くないと思いました。後日新聞に24時間で稚内から鹿児島中央まで行かれた方の記事が載っていて、今や日本は8万円ほどで、北から南に一気に行ける時代になりました。私は、寝台車に乗って。。というのが好きなのですが、どんどん廃止になり、今はスピードの時代なのかと、昔を懐かしんでしまいます。。