2013年青春18切符の旅 2 上川方面
 旭川からは石北本線12:45の普通列車上川行きに乗車します。待っていたのはキハ541両で道北では標準的です。旭川からの乗客は10人くらいでしょうか、当麻、愛別あたりで乗り降りが多いと思いますが日曜日なのでこんなものなのでしょうか。
 旭川市内の高架を進んで行きます。そういえば旭川駅前もまだ工事が終わっていないようです。去年10月頃来ましたが、まだまだという感じです。完成まではもう少し時間がかかるでしょうか。それでも新しい南口の方は工事は終わっておりロータリーには、タクシーなどが止まっていましたが、こちらには建物は無く寂しい気もします。
 キハ54はキハ40よりは新しい車輌ですが、シートは結構ぼこぼこしていたりで老朽化が進んでる感じです。もともと急行用の列車だったと思いますが、どうも乗り心地は、お世辞にもいいとは言えません。これならシートを貼り替えてあるキハ40等の方が・・・
 旭川四条、新旭川と比較的ゆっくりのスピードで走って行きます。新旭川で宗谷本線と別れて東方向に進んですぐ南永山です。東旭川では上り特急待ち合わせで少々停車していました。

 この4525Dは途中北日ノ出、将軍山、東雲は通過してしまい残念です。北日ノ出は旭山動物園に近い駅ですが、仮乗降場あがりの駅で待合室の劣化具合がすごい駅でなんとも言えない魅力があり好きなのですが・・。途中右手にお約束のこんもりした将軍山を見てさらに進みます。
 当麻でほとんどの人数の方が降りてしまい終点の上川までは4人だけでした。人が少なくなったのを見計らって前の景色を眺めに行きました(笑)。列車内で撮影するときは、まず席を動かないで撮影しておりますが、車内が閑散としてきたときだけとか他の客がいない時だけうろうろしています。
 愛別を越えると山の中を縫うように進んで行きます。途中石狩川が併走していますのでなんどか鉄橋を越えて進みます。昼近くなって気温がどんどん上がっていますが、からっとした感じでは無く気動車のエンジンの熱気が上がってきて扇風機が回っていても暑くてたまりませんでした。
 だいたい1時間ほどで上川に到着。すぐ折り返す列車もあるのですが、せっかく上川に来たのでラーメンを・・これが今回の目的でした。ラーメン店はたくさんあり、味の好みもそれぞれです。上川はラーメンがおいしいと言われていますが、数件行ってみましたが、ここの特みそは、自分の好みに合っています。
 ただ、暑いので食べてる最中も汗がだらだらと流れてきて大変でした。
ラーメンは30分くらいあれば用事を足してしまうので15:59の列車までは1時間半以上あり、特に行くところも無いので駅で汗をぬぐいながら待っていましたが、待合室でジャージの学生カップルが気持ち悪いくらい、いちゃいちゃしていたので、いたたまれず外のベンチで座って本を読んでいました。
 帰りの列車はキハ40で座席の状態も良く、若干うとうとしながら旭川まで乗車しました。本当は旭川駅前の、あおばというラーメン屋で食べていきたかったのですが、普通列車の時間の関係で今回は断念しました。

旭川からは17:38の岩見沢行きでこれも711系で今度はクーラー装備車です。弱めの冷房でしたが、無いよりはマシです。岩見沢に着く頃には汗も引いてきましたが、それでも若干暑いなと思いました。
 岩見沢には19:18に到着。無事帰宅できました。駅には北斗星の車輌がまだ停車していました。おまけに室内灯も付いており岩見沢と思えない光景でした。奥には専用の機関車も止まっており、今日は北斗星運休だなと感じました。家に帰ってからJR北海道の情報見てみるとその日は室蘭本線経由の特急がほぼ壊滅で臨時で函館本線廻りで行く特急がでていたようです。